経営手段としての株式運用|株式譲渡でトラブルを未然に阻止|後継者が決められないなら

株式譲渡でトラブルを未然に阻止|後継者が決められないなら

男性女性

経営手段としての株式運用

ビル

運用上のテクニック

株式譲渡の際の譲渡税について、通常法人への株式譲渡には、譲渡税が掛かりますが、公益法人への出資であれば譲渡税はかかりません。公益法人に認定されるためには難しい査定が受ける必要がありますがが、会社のポテンシャルに応じて、株式譲渡先を、公益法人化するという選択肢もあります。また、株式譲渡による経営権を他の競合他社から奪われるリスクを想定することも重要です。会社は、株式譲渡に際に、一定の制限を付与することが可能ですので、どのような法人に譲渡制限を付与するのかについては、充分な検討が必要です。また、株式の対価として要求されるのは通常はお金ですが、不動産などの現物を対価とすることもできます。お金以外のモノを対価に株式譲渡する際は、将来的な資産価値を充分に考慮した上で、慎重に行う必要があります。

経営手段としての利用方法

株式譲渡は、それ自体が目的となる場合もありますが、会社の運用に絡む形で行われる場合、たとえば会社の経営者が引退する際の経営権を引き継ぐ際に便利です。株式会社は、株式を多く持つ者が会社の実権を握ることになるため、株式譲渡によって、必然的に経営権を委譲する事ができるのです。株式譲渡による経営権の引き継ぎは、正攻法で行う方法より簡便であるため、経営に慣れていない方でも経営権を委譲できる訳です。またM&Aの際も、株式譲渡が必要となります。買い手側は、大量の買い付け資金を用意しなければなりません。この際、売り手側が非公開株式会社の場合は、その資産価値が正しく判断できないため、注意する必要があります。例えば、税理士に依頼するなどして、事前調査を行っておけばM&Aを円滑に進めることができます。